写真拡大
釜山に少女像が設置されたことは、明らかに日韓合意の趣旨に反する。韓国政府がこれを黙認したことは、自らの首を絞めていることに気づかないようだ。日本は韓国に元慰安婦支援の名目で10億円を支払ったが、まるで食い逃げされたも同然。「10億円の振り込め詐欺」との表現も実に的を射ている。
少女像問題で、韓国との通貨スワップ協議は完全に打ち切るべき。振り込め詐欺をする国に金など貸せない。そもそも日本円は通貨危機になる可能性は極めて低く、日韓通貨スワップは日本に何のメリットもない。同問題は、通貨スワップをお断りする絶好の口実になる。
政府は駐韓大使を「一時帰国」させたというが、素早い対抗措置を取ったことは高く評価されるべき。本来は、ありもしない「従軍慰安婦」の像を目と前に建てられた以上、大使館と領事館は閉鎖すべきだろう。少女像が撤去されたら、初めて再開を検討すればいい。

引用元 竹田恒泰氏が慰安婦像設置をめぐり「食い逃げされたも同然」 – ライブドアニュース