県警の山岸直人本部長は6日、新潟市中央区の県自治会館で開いた年頭の署長会議で県内全30署の署長や県警幹部らに訓示し、オレオレ詐欺など特殊詐欺の撲滅を図るとともに、高齢ドライバーによる交通事故や学校でのいじめ問題への対応を課題に挙げ「しっかり取り組んでいかねばならない」と呼びかけた。
 会議には89人が出席。新たに加えられた警察運営指針の目標を踏まえ、住民の安心感を高めるために街頭活動の強化などに重点的に取り組む方針を確認した。
 また、県公安委員会の阿部隆委員長は糸魚川市の大規模火災に関して「迅速かつ的確な警察活動で被災地の安全・安心の確保に努めていただいた」と述べ、労をねぎらった。

引用元 特殊詐欺撲滅など課題 新潟県警本部長が年頭訓示 – 産経ニュース