大阪府池田市議会は7日、臨時市議会を開き、整骨院療養費の詐欺事件に関わった同市議で整骨院運営会社元社長、羽田達也容疑者(37)=詐欺容疑で再逮捕=への辞職勧告決議を全会一致で可決した。
 決議は市議について「市民から疑惑を招くような行為をしてはならないことは明らか」とし、羽田容疑者に対し「速やかに自ら議員の職を辞することを強く勧告する」としている。
 議会事務局によると、羽田容疑者が市民への説明責任を果たしていないことが決議の理由。逮捕以降は羽田容疑者側からの連絡は一切ないという。
 羽田容疑者は今年10月、自身の経営する整骨院で療養費約70万円を詐取した詐欺容疑で逮捕、起訴。その後も同院で療養費計160万円をだまし取ったとして再逮捕されている。

引用元 整骨院の療養費詐欺事件 市議に辞職勧告決議 大阪・池田市議会 – 産経WEST