長野県警安曇野署は7日、同県安曇野市内の70代女性が、警察官などを装った男に500万円をだまし取られる特殊詐欺被害に遭ったと発表した。
 同署によると6日、女性宅に警察官を名乗る男から電話で「郵便局員の中にオレオレ詐欺の犯人がいる。今すぐお金を下ろさないと使われてしまう」などと言われた。さらに国民生活センターの職員だと称する男から「警察と協力している。早くお金を下ろしてください」と告げられた。
 女性が市内の郵便局の窓口で現金500万円を引き出して帰宅したところ、再び警察官を名乗る男から「現金の中に偽札が入っている。私服警察官が行くので渡してください」と言われ、自宅を訪れた自称、警察官に現金をそのまま手渡した。この後、女性は安曇野署に相談し被害が発覚したという。
 同署によれば、女性が500万円もの現金を引き出した郵便局の窓口担当者も特段、異変に気付かなかったという。

引用元 郵便局の窓口も“スルー”? 70代女性が500万円の特殊詐欺被害 「警察官」名乗る男に 長野・安曇野 – 産経ニュース