きのう郡山市の女性が孫を名乗る男から現金200万円をだまし取られた。被害にあったのは郡山市に住む80代の女性できのう孫になりすました男から「教え子の大学受験で口利きをしたら失敗した。何とか200万円を用立ててもらえないか」といったウソの電話があった。話を信じた女性は指定された自宅近くの路上で孫の友達を名乗る男に現金200万円を手渡したという。女性がその後孫に確認したところ詐欺に気づいた。またきのうは喜多方市でも60代の女性が現金およそ50万円をだましとられる詐欺被害も発生していて、警察が注意を呼びかけている。[ 6/11 19:22 福島中央テレビ]

引用元 県内でなりすまし詐欺が相次ぐ | NNNニュース