消費者庁と国民生活センターは9日、「マイナンバー制度をかたる不審な電話を受けた東海地方の80代女性が、数千万円をだまし取られた」との相談が寄せられたと発表した。
 同庁などによると、女性には昨年、国の機関から委託を受けた相談窓口を名乗る人物から「マイナンバーを調べている」との電話があった。女性が教えると、別の人物からの電話で「名義を貸したことになる。後から返すので、500万円送ってほしい」と言われ、自宅を訪れた人物に手渡した。
 女性はその後も複数回、現金を送ったり手渡したりし、総額で数千万円に上ると訴えているという。

引用元 マイナンバー不審電話で数千万円詐欺被害か 東海地方の80代女性 – 産経ニュース