来年1月から利用が始まる共通番号(マイナンバー)制度を巡り、青森署は25日、制度導入に便乗した詐欺グループからとみられる不審な電話が青森市で1件あったと発表した。
 発表によると、今月下旬、一人暮らしの70歳代の女性宅に東京都内の会社から「金の売買ならマイナンバーに関する煩雑な手続きは必要ない」などとうたって金の取引を呼びかけるパンフレットが届き、その翌日、県警の捜査員を名乗る男が「封筒が届いていると思うが、中身は確認したか」と電話をかけてきたという。
 県内では類似の電話は確認されていないというが、県警は制度の開始に伴い、様々な口実による特殊詐欺が予想されるとして警戒を呼びかけている。

引用元 マイナンバー詐欺か 青森で不審電話1件 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)