「屋根に穴が開いている」などとうそを言い、必要のない工事をもちかけ、現金をだまし取ろうとしたとして17日、住宅リフォーム会社の社長ら男4人が逮捕された。詐欺未遂などの疑いで逮捕されたのは、名古屋市中区にある住宅リフォーム会社「シンクス・ホームサービス」社長・松下重宏容疑者(33)ら男4人。警察の調べによると、松下容疑者らは今年5月、愛知県みよし市に住む男性会社員(55)に「屋根の漆喰(しっくい)に穴が開いている」などとうそを言い、現金82万円をだまし取ろうとしたほか、同県知多市に住む女性(76)からも30万円をだまし取ろうとした疑いがもたれている。いずれもクーリングオフで契約が解除されたため、被害はなかった。シンクス・ホームサービスは去年7月からの1年間で670件の屋根の工事を行い、2億3000万円を売り上げていたという。調べに対し、松下容疑者らはいずれも容疑を否認しているが、警察は必要のない工事をして金をだまし取っていた可能性が高いとみて、余罪を追及している。[ 11/18 12:30 中京テレビ]

引用元 不要の工事もちかけ、詐欺未遂で4人逮捕 | NNNニュース