証券会社の従業員などを名乗る電話で、郡山市の女性が現金100万円をだまし取られた「なりすまし詐欺」事件で、郡山署と県警捜査2課は21日午後1時50分ごろ、詐欺の疑いで東京都江東区、自称団体職員林宣好容疑者(66)を逮捕した。同署によると、林容疑者は、現金の受け取り役の「受け子」らの指示役とみられる。容疑を否認しているという。逮捕容疑は1月11日ごろから同20日ごろにかけて、仲間と共謀して証券会社の従業員を装って郡山市の女性(85)方に電話をかけて架空の投資話を持ち掛け、偽の株券などを送り付けて投資に絡んだトラブルの和解金を要求、女性に現金100万円を都内のレンタルスペースに宅配便で送付させ、だまし取った疑い。

引用元 福島民報