歯科医院の開業資金名目で銀行から現金をだまし取ったとして、愛知県警捜査2課は15日、岐阜市の十六銀行元営業部副部長、奥村智尋(ともひろ)容疑者(53)と名古屋市東区徳川1、元僧侶、岡本智泉(ちせん)容疑者(47)を詐欺の疑いで逮捕した。

容疑は2012年11月下旬ごろ、歯科医師の資格を持つ60代の男性と共謀し、名古屋市千種区の十六銀行今池支店で「歯科医院の開業や設備資金などで5400万円が必要」などと虚偽の話を持ち掛け、翌月、歯科医師が自身とは関係のない歯科医院で収入を得ていたようにみせかけた確定申告書を提出するなどして、4000万円をだまし取ったとしている。2人は容疑を否認しているという。

 同課によると、金の大半は3人で分配していたという。奥村容疑者は昨年9月、同行を自己都合退職し、タイで暮らしていた。

 同行は「多大なご迷惑をおかけしたことに心からお詫(わ)び申し上げます」とのコメントを出した。

引用元 毎日新聞