賭けマージャンをしていたとして問題になっていた福岡県飯塚市の斉藤守史市長が辞意を固めたことが11日、市関係者への取材で分かった。
 斉藤市長は、田中秀哲副市長と平日の日中に市庁舎を離れ、賭けマージャンをしていたことが昨年12月に発覚。辞職を求める電話やメールなどが市に多数寄せられ、今月4日には市民ら数十人が抗議のため市役所を訪れ職員ともみ合いになる騒動もあった。

引用元 平日の昼間から賭けマージャンの飯塚市長が辞意 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)