11月に93歳で亡くなった漫画家水木しげるさんの出身地、鳥取県境港市で27日、ゲゲゲの鬼太郎らの妖怪像が並ぶ「水木しげるロード」恒例の「大感謝祭」が開かれた。
 式典の冒頭、地元の商店主ら出席者全員で黙とうをささげた。中村勝治市長(70)が「水木先生は、ロードに限りない愛情を注いでくださった大恩人」とあいさつした。
 観光客らは着ぐるみの妖怪たちからお菓子を受け取ると、一緒に記念撮影。千葉県市川市から帰省中の主婦実生智美さん(44)は「ニュースで死去を知った時は寂しかった。これからは商店街の人に、水木さんの分までロードを盛り上げてほしい」と期待を寄せた。
⇒続きを見る

引用元 ありがとう水木先生  境港で感謝祭/芸能/デイリースポーツ online