政府は9日、安倍晋三首相の特使として派遣する予定だった高村正彦自民党副総裁のイラン訪問を中止すると発表した。イランのラフサンジャニ元大統領が8日に死去し、服喪期間に入ったため。
 高村氏は9日から13日までの日程でイランを訪れ、ロウハニ大統領との会談を調整していた。会談ではイランの核開発を制限する核合意の着実な履行を促す予定だった。

引用元 自民・高村正彦副総裁がイラン訪問中止 元大統領死去で – 産経ニュース