写真拡大
 昨年12月23日に83歳の誕生日を迎えられた天皇陛下。同年8月には生前退位のご意向を発表されたが、同級生の明石元紹さん(82)はその3週間前から、天皇陛下の気持ちを聞いていたという。*  *  *「私が、中国へ行ったことはよかったのだろうか」 天皇陛下は、ある外務官僚にこうお尋ねになったそうです。 平成4年、国交正常化20年の節目に両陛下は中国を訪問しました。当時、中国は天安門事件によって国際社会から孤立していました。銭其シン(※)外相はのちの回顧録で「天安門事件を浄化させるために、天皇の訪中が必要だった」と認めています。 陛下は、平和憲法下における天皇のあり方を、そして自らが実践した公務についても、よかったのだろうか、と全身全霊で考え続ける方なのです。 8月8日の、退位をにじませるお言葉も、どれだけ長い時間、お考えになったかは、想像できます。 そして、天皇陛下は平成28年のお誕生日のお言葉で、一年を振り返っています。しかし、それは単純に一年の回顧ではないと思います。果たして象徴天皇のあり方にふさわしいものであったか、という確認ではないでしょうか。 同時に8月のお言葉にも触れています。<8月には天皇としての自らの歩みを振り返り、この先のあり方、務めについてここ数年考えてきたことを、内閣とも相談しながら表明しました。多くの人々が耳を傾け、おのおのの立場で親身に考えてくれていることに深く感謝しています>「公表に当たっては内閣と相談した」とおっしゃっているのでしょう。だが、「特措法」でひとまず処置をしようという政府の有識者会議の議論は、陛下のお気持ちをくみ取っていると言えるのでしょうか。 陛下から私にお電話があったのは、8月8日のお気持ち表明の3週間ほど前。7月21日のことです。 陛下とは学習院幼稚園から高等科まで同窓。その後は、馬術部を通じてお会いする機会はありました。ただ、直にお電話でお話しするのは、数十年ぶりです。 最初に陛下は、「皇后を心配して、譲位を訴えているように取られるのは困る」と説明なさいました。これは、7月13日のNHKの報道を受けたのち、私がテレビの取材に対して、「ご意向の背景として皇后さまのご体調が悪いのではないか」と語ったことを指しているのだと感じました。私が取材を受ける機会が多いので、方向性を伝えてくださったのでしょう。 譲位についてはまず、「ずいぶん前から考えていた」、そして「僕のときだけの問題ではなく、将来も含めた制度にしてほしい」とおっしゃいました。「長い歴史を振り返れば、天皇が譲位した例は何度もあった。僕がいま、そういうことを言っても、びっくりするような話ではないんだ」 大正天皇の例を挙げてこうもおっしゃいました。「大正天皇をお守りしようとする人と、摂政の昭和天皇を支えようとする人とで国が二分した。摂政という制度には賛成しない」 陛下のお考えを、果たして外に伝えていいものか、悩みました。一番困るのは、陛下が明石を通じてお考えを国民に伝えていると思われることです。 私は陛下のお言葉を官邸に伝えたいと、麻生太郎副総理を通じて杉田和博官房副長官にお会いしました。陛下がお気持ちを表明する直前の8月6日のことです。杉田さんとはずいぶんお話ししましたが、「特措法によるご退位に漕ぎつけるのが精いっぱいです」 そう繰り返すだけでした。最初から官邸の方向は決まっていたのです。これからの流れが、陛下のお気持ちにどれほど沿ったものになるのか、わかりません。しかし、国民には陛下のご真意を理解してほしい。そうした思いで、私はお話をするのです。※シンは王ヘンに「深」のつくり。環境依存文字のため、カタカナで表記。※週刊朝日 2017年1月6−13日号

引用元 「中国へ行ったことはよかったか」天皇陛下が同級生に明かした気持ち – ライブドアニュース