【リマ=田北真樹子】 安倍晋三首相やオバマ米大統領ら環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加する12カ国は19日午後(日本時間20日午前)、ペルーの首都リマで首脳会合を開き、各国がTPPの経済的・戦略的重要性を認識し、それぞれの国内手続きを進めていくことを確認した。日本政府高官によると、オバマ大統領は「TPPの重要性について今後も国内での理解を求めるべく尽力を続ける」と発言したという。
 TPPからの離脱を表明しているドナルド・トランプ氏が次期米大統領に選出されたことで、TPP発効の見通しはたっていない。首脳会合では「米国が発効に不可欠だ」との趣旨の発言も出たといい、参加国が国内手続きを進めることで米国の外堀を埋め、来年1月に発足するトランプ次期政権に再考を促す構えとみられる。
 安倍首相は会合で「世界中で自由貿易が厳しい風を受けている中で、各国がTPPの国内手続きを断固として進めていくことを期待している」と呼びかけ、各国の取り組みによって「米国にもTPPの意義についての理解が進むことを期待している」と訴えた。また「われわれが現状にひるんで国内手続きをやめてしまえばTPPは完全に死んでしまう。保護主義を抑えられなくなる」と強調した。
続きを読む

引用元 【TPP】参加国首脳会合は予定を大幅に上回る1時間超 国内手続きの推進を確認(1/2ページ) – 産経ニュース