アメリカ大統領選挙は、7月の党大会を前に、共和党の指名が確定したドナルド・トランプ氏と、民主党での指名が確定したヒラリー・クリントン氏の中傷合戦が激化している。トランプ氏は、22日の演説で、クリントン氏が、国務長官在任中に私的なメールアカウントを公務に使っていた問題などを例に挙げて、「大半の人は知っていると思うが、クリントン氏は、『世界一流のうそつき』だ。彼女は、大統領選の歴史で最も腐敗した人物かもしれない」と、痛烈に批判した。トランプ氏は、最近の世論調査で、クリントン氏との差が広がっていることから、演説を反転のきっかけにしたいとの思惑があるとみられる。対するクリントン氏も、「トランプ氏は、奇妙なうそをつき、陰謀説をぶつけてきた」と批判し、双方が「うそつき」呼ばわりをする泥仕合の展開となっている。

引用元 www.fnn-news.com: 米大統領選 中傷合戦…