先進7か国(G7)情報通信相会合が29日、高松市で開幕した。
 議長を務める高市総務相は、人工知能(AI)の研究開発に関する国際的なルールづくりを提案し、協力を呼びかけた。情報通信技術を経済成長につなげるための取り組みなどを話し合い、30日に合意文書を発表する。
 高市氏は会合後、「人間がAIを安心して安全に使いこなせるよう、AI開発原則の案を示した。今後の議論のたたき台となるものだ」と記者団に語った。
 AIは自動運転車や介護ロボットなど幅広い利用を見込まれている。ただ人間の制御が利かなくなることへの不安も出ている。高市氏は会合で〈1〉AIが人の生命や身体に危害を及ぼさない〈2〉AIの誤った思考回路を修正できるようにする〈3〉サイバー攻撃による乗っ取りを防ぐ――といった八つの原則案を提示した。ルール策定の考えに賛同する発言があったという。今後、経済協力開発機構(OECD)での議論を働きかける方針だ。

引用元 総務相、人工知能のルール作り提案…通信相会合 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)