生活の党と山本太郎となかまたちの玉城デニー幹事長は14日、衆院議長の諮問機関「衆院選挙制度に関する調査会」(座長・佐々木毅元東大学長)が同日、大島理森議長に提出した議員定数を10削減するよう求める答申について「われわれの求めている方向性とほぼ同じ答申だ。賛成の立場で受け止めた」と評価した。
 自民党内に、定数削減や、それに伴い区割りが大幅に変更される答申に反発が出ていることについては「国民の負託に真摯に応えるという結論、方向性を示してほしい」と求めた。

引用元 【衆院選挙制度改革】生活・玉城幹事長「われわれの方向性とほぼ同じ」 – 産経ニュース