北総線を運営する北総鉄道(千葉県鎌ヶ谷市)は10日、東松戸駅の男性駅員(44)が、同線や京成線、JR線などに「ただ乗り」するため、定期券の発行機を不正操作して磁気定期券6枚(計約105万円)を発行し、うち5枚を使用していたと発表した。
 同社によると、駅員は昨年6月から12月までに計6回、偽名を使って京成高砂―成田空港(1か月間)、東松戸―池袋(6か月間)、東松戸―横浜(同)などの通勤定期券6枚を発行。データ上は「発行取り消し」と処理する一方、定期券は廃棄せず自分で使っていたという。
 駅員は毎月、定期券の廃棄状況などを駅助役に報告する担当者で、不正を隠して伝えていた。しかし、昨年12月末の報告は他の社員が行ったため、データと廃棄枚数が合わず、不正が発覚した。
 同社の調査に対し、駅員は「他の鉄道にも乗って出かけたかった。他人に貸したり、払い戻したりはしていない」と話しているという。東松戸駅勤務となってから約1年半の間に十数回、不正発行をしたとも話しているが、定期券が残っていないため詳細は不明だ。
 同社は「駅員を厳正に処分し、定期券の廃棄状況などを複数でチェックするなど、再発防止策を検討する」としている。

引用元 北総鉄道駅員、定期105万円分を不正発行 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)