長野県警は10日、当時17歳の県内の少年に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで埼玉県行田市佐間、住職中川広道容疑者(35)を逮捕した。
 逮捕容疑は2016年9月下旬、長野県内のコンビニ駐車場に駐車した車内で、18歳に満たないことを知りながら児童買春した疑い。現金は少年に渡されたが、県警は金額を明らかにしていない。
 軽井沢署によると、県警のサイバーパトロールがインターネットの出会い系サイトに援助交際を持ち掛ける少年の書き込みを発見。補導して事情を聴き発覚した。

引用元 少年に現金約束しわいせつ行為…住職を児童買春容疑で逮捕 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)