兵庫県尼崎市の踏切で昨年3月、男子高校生が乗った自転車をバイクで押して電車に衝突させ、死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた同市の少年(17)の裁判員裁判の初公判が28日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)であった。少年は「(男子高校生を)傷つけようと思ってやったわけではない」と起訴事実を否認した。
 起訴状などによると、少年は昨年3月28日、友人の高校1年・山内美輝さん(当時16歳)の自転車を足で押しながら、無免許でバイクを運転。JR福知山線踏切の手前67メートルまで時速49キロで押し続けて踏切内に進入させ、山内さんを死亡させたとされる。
 検察側は冒頭陳述で、「少年は山内さんの承諾がないまま、いきなり押し始め、山内さんが『怖い』と言っていたのに、押し続けた」と主張。一方、弁護側は「事前の承諾はあった」と述べ、保護処分が相当として家裁への移送を求めた。
 少年は今年1月、神戸家裁尼崎支部の決定で検察官送致(逆送)になり、起訴されていた。

引用元 自転車押して死亡事故、初公判で傷害致死を否認 : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)