先月29日に西条市のコンビニエンスストアで発生した強盗事件から1か月が経過、警察は29日管内の店舗に対する防犯診断を行った。西条西警察署のコンビニエンスストアに対する防犯診断では警察官が店内などに設置された防犯カメラの位置や勤務する人数などを店員から確認していた。西条西警察署管内では先月29日午前4時ごろ西条市周布のコンビニエンスストアで男が店員に包丁を突きつけて脅し、現金およそ3万円を奪ってミニバイクで逃走した。男は身長170センチぐらいの細身で、警察は強盗事件として防犯カメラの映像を公開し捜査しているが、有力な手がかりは得られていない。西条西警察署では強盗事件に関する情報提供を呼びかけている。[ 8/29 14:55 南海放送]

引用元 西条 コンビニ強盗事件を受けて防犯診断実施 | NNNニュース